平成30年3月16日
金融庁
 

  「FinTech実証実験ハブ」支援決定案件について

  金融庁では、フィンテックを活用したイノベーションに向けたチャレンジを加速させる観點から、平成29年9月21日、フィンテック企業や金融機関等が、前例のない実証実験を行おうとする際に抱きがちな躊躇?懸念を払拭するため、「FinTech実証実験ハブ」を設置しました(FinTech実証実験ハブの設置について)。
 今般、FinTech実証実験ハブ設置後、本スキームにおける支援を決定しましたので、お知らせします。
 本件は、以下のチェック項目に照らして検討した結果、金融庁として本スキームを通じた支援を行うことを決定したものです。
実験內容と論點が明らかであること(明確性)
サービスの実現によって我が國における利用者利便や企業の生産性の向上が見込まれること(社會的意義)
実現しようとするサービスに革新性が認められること(革新性)
実証実験に一般利用者が參加する場合には、利用者への説明を含め、利用者保護上の対応を適切に行うこと(利用者保護)
実証実験を行うのに必要な資金?人員等のリソースが確保されていること(実験の遂行可能性)
 なお、実証実験終了後には、実験を通じて整理されたコンプライアンスや監督対応上の論點、一般利用者に向けてサービスを提供する際に生じ得る法令解釈に係る実務上の論點等を含む実験結果?結論について、金融庁ウェブサイトにおいて公表させていただく予定です。
 今後も、本スキームにおいて支援を決定した際には、隨時公表させていただきます。
 ※「FinTech実証実験ハブ」支援決定案件としては2件目

申込者名

 大日本印刷株式會社
 株式會社西日本シティ銀行

実験概要

(実験內容)
 以下の流れで本人確認を行い、キャッシュカードを即時発行する機器の正式導入に向け、顔認証技術を用いた本人確認の事務フローを確認するとともに、銀行事務の効率化や顧客の利便性を検証します。

    來店者の運転免許証等のICチップから顔寫真データを読み取り
    來店者の顔をカメラで撮影
    顔認証技術を用い、①の顔寫真データと②で撮影した顔を照合

 ※ 実験では、顔認証を用いた機器のみによる本人確認に加え、銀行職員が目視で 本人確認を行うため、現行法令に反するものではありません。また、顔認証を用いた機器による本人確認方法を法令上認めることについて、警察庁と調整を行っているところです。


(想定期間)
 平成30年4月から6月まで
 ※ 參考
 申込者における実証実験開始に係るニュースリリースリンク先
 http://www.dnp.co.jp/topic/10144445_2517.html 新しいウィンドウで開きます(大日本印刷株式會社)
 http://www.ncbank.co.jp/nr/images/2017/180316-2.pdf 新しいウィンドウで開きます(株式會社西日本シティ銀行)

実験結果

「FinTech実証実験ハブ」支援決定案件の実験結果について(平成30年10月24日公表)

お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)

総務企畫局  政策課(內線2417、2918)

    企畫課調査室(內線3911、3514)

 

サイトマップ

ページの先頭に戻る

亚洲精品国产免费无码