平成30年3月8日
金融庁

「仮想通貨交換業等に関する研究會」の設置について


1.趣旨
 仮想通貨に関しては、マネーロンダリング?テロ資金供與対策に関する國際的要請がなされたことや、國內で當時世界最大規模の仮想通貨交換業者が破綻したことを受け、2017年4月より、仮想通貨と法定通貨等の交換業者に対し、登録制を導入し、本人確認義務等の導入や説明義務等の一定の利用者保護規定の整備を行った。
 その後、コインチェック株式會社が、不正アクセスを受け、顧客からの預かり資産が外部に流出するという事案が発生したほか、立入検査により、みなし登録業者や登録業者における內部管理態勢等の不備が把握された。また、仮想通貨の価格が亂高下し、仮想通貨が決済手段ではなく投機の対象となっている中、投資者保護が不十分であるとの指摘も聞かれる。さらに、証拠金を用いた仮想通貨の取引や仮想通貨による資金調達など新たな取引が登場しているという動きも見られる。
 
 こうした狀況を受け、仮想通貨交換業等をめぐる諸問題について制度的な対応を検討するため、「仮想通貨交換業等に関する研究會」を設置する。


2.構成
 會議の構成員は、學識経験者、金融実務家等をメンバー、仮想通貨交換業者等の業界団體、関係省庁をオブザーバーとし、金融庁が事務局を務める。
 
お問い合わせ先

金融庁 Tel 03-3506-6000(代表)

総務企畫局企畫課信用制度企畫室(內線2758)

サイトマップ

ページの先頭に戻る

亚洲精品国产免费无码